《オルフェオ物語》
舞台写真

 
2019年8月14日、15日に「ダ・ヴィンチ音楽祭 in 川口」で上演された、オペラ《オルフェオ物語 》 の主催者であるアントネッロ様より、 彌勒忠史が演じた冥界の王プルートの登場シーンの舞台写真をいただきました!(Webサイト管理人)

撮影:ヒダキトモコ

ダ・ヴィンチ自身の手稿に残されていた「機械仕掛けの岩山」が開かれると、それまで「地上」だった舞台上が「冥界」へと変化する。第二幕冒頭、岩山の裂け目から威厳を持って現れたのは、彌勒忠史ファン全員(だけでなくたぶん客席全員)が度肝を抜かれた「緑スキンヘッド」の冥界の王プルート様。
 

撮影:ヒダキトモコ

蛇に噛まれて命を落としたエウリディーチェへの想いを切々と訴えるオルフェオ(坂下忠弘さん)。プルートの妻プロゼルピナ(中山美紀さん)はオルフェオの歌に心を奪われる。
 

撮影:ヒダキトモコ

懇願を拒絶されて崩れ落ちるオルフェオを慰めつつ、超絶技巧のメリスマで夫の説得にかかるプロゼルピナ。地上から略奪してきた愛妻に頭が上がらないプルートは、願いを叶えてやることにする。
 

撮影:ヒダキトモコ

オルフェオの願いどおりエウリディーチェを地上に返すことを宣言し、愛妻 プロゼルピナ に「あなた、大好き!」とばかりに抱きつかれて、「ああ、満足だ!」と高らかに歌い上げるプルート。
 

撮影:ヒダキトモコ

ダ・ヴィンチが構想したオペラ「オルフェオ物語」を、当時のレパートリーに「コントラファクトゥム(替え歌)」の手法でテキストをあてはめて構成することで蘇らせた濱田芳通さんへ、カーテンコールで惜しみない拍手を送る出演者。…あれ、プルート様だけは拍手じゃなくて、何らかの「念」を送っているような…?
 

撮影:ヒダキトモコ

同じくカーテンコール。
アントネッロ様、写真のご提供、ありがとうございました!
 

※本記事の文面は、 Webサイト管理人によるものです。

Share Button